読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

埼玉県の口臭外来専門医が語る口臭を悩んでいる人たちの話 木馬歯科医院 電話04-2953-8422

埼玉県狭山市のイオン武蔵狭山店、木馬歯科の口臭外来で実際にあった話です。同じように口臭に悩んでいる方の力になればと思います。1人で悩んでいませんか?口臭を治して楽しい人生にしましょう。電話04-2953-8422 〒350-1305 埼玉県狭山市入間川3-31-5 イオン武蔵狭山店3F

口臭とタバコ

喫煙者の人の中にも口臭を気にする方はいます。

 

わたし自身は今までタバコを吸ったことがありません。

 

 

そういう場合、ほんだ式口臭治療はどうしているのか?

疑問に思いました。

 

一番は禁煙を勧めるところですが、

本田先生自身がヘビースモーカーなので、禁煙はなかなか難しいそうなのです。

 

 

まずは、節煙を指導します。

1日に吸う本数を10本までとします。

 

 

ニコチン依存の人は体がニコチンを要求します。

それは、ある程度のニコチンを必要としているからです。

 

ですから、1日20本喫煙する人ならば、

ニコチンの量が2倍の強いタバコに銘柄を変えてもらうということを言っています。

 

これは喫煙者である本田先生の話です。

 

それと、喫煙後には舌の奥にタバコのニコチンだかタールだかが残るので、

舌を水洗いするようにしてもらっています。

 

 

 

また、最近の患者さんとの話でこんなこともわかりました。

喫煙者は口臭だけでなく歯周病にもなりやすいのです。

 

やはりそういう人にも禁煙を勧めます。

 

テレビのCMでは禁煙外来は保険が適用されて

2万円の負担がかかると言っていました。

 

わたしは禁煙外来への受診を勧めています。

しかし実際に何人かの方は受診したのですが、3人中、3人が失敗してしました。

 

また受診しようと思っても、

1度目に失敗して再チャレンジをする場合、2度目は自費診療となるそうです。

 

 

ある1人の30歳の青年はわたしにタスポを預かってもらいたいと言ってきました。

もう使わないということで、そのままシュレッダーにかけることにしました。

 

しかしながら、自販機では買えないものの、

コンビニでは買えるので未だにその青年は喫煙しています。